トップページ > 産業廃棄物処理事業
産業廃棄物処理事業

# #


  収集運搬業

【産業廃棄物収集・運搬業許可】
都道府県
政令都市
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 広島県 山口県
廃棄物の種類 燃え殻 汚泥 廃油 廃酸 廃アルカリ 廃プラスチック類 紙くず 木くず 繊維くず 
動植物性残さ ゴムくず 金属くず ガラス・コンクリート・陶磁器くず がれき類 
ばいじん 動物のふん尿 鉱さい

【特別管理産業廃棄物収集・運搬許可】
都道府県
政令都市
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 大分市 宮崎県 鹿児島県
広島県 山口県
廃棄物の種類 廃油 廃酸 廃アルカリ 感染性産業廃棄物 廃石綿等 特定有害燃え殻 
特定有害汚泥 特定有害廃油 特定有害廃酸 特定有害廃アルカリ 特定有害鉱さい 特定有害ばいじん 特定有害13号廃棄物 引火性廃油 ダイオキシン類

各地域での許可に関する詳細内容は産廃情報ネットで公開しています。  詳細はこちら

  収集・運搬車輌詳細

【収集運搬車輌一覧】
                        
車体の種類 対象廃棄物 No. 最大積載量(kg) 最大積載量(m3)
脱着装置付
コンテナ専用車
燃え殻、汚泥、廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、ゴムくず、動植物性残渣、金属くず、ガラスくず等、がれき類、ばいじん、動物のふん尿、鉱さい 1 5,900   8 ※1
2 5,900   8 ※1
3 4,000   8 ※1
4 11,800   22 ※1
5 11,800   22 ※1
6 11,400   22 ※1
7 12,300   22 ※1
ダンプ車 燃え殻、汚泥、廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、ゴムくず、動植物性残渣、金属くず、ガラスくず等、ばいじん、動物のふん尿 8 10,600  
バン
(ウイング車)
燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、ゴムくず、動植物性残渣、金属くず、ガラスくず等、がれき類、ばいじん、動物のふん尿、鉱さい 9 14,100  
10 13,400
キャブオーバ
(平ボディ車)
燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、ゴムくず、動植物性残渣、金属くず、ガラスくず等、がれき類、ばいじん、動物のふん尿、鉱さい 11 2,000  
12 1,800  
13 3,000  
15 3,650  
14 6,400  
16 6,800  
塵芥車
(パッカー車)
廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、ゴムくず 17 2,750  
冷蔵冷凍車
(感染性産業廃棄物専用)
感染性産業廃棄物 18 2,000  
タンク車 廃油 19 3,310  3.6
20 4,920  5.7
21 10,200  12
22 13,400  16
23 1,860  2
24 5,520  6.3
25 3,440  4.2
26 3,440  4.2
トラクタ
(トレーラー頭部)
燃え殻、汚泥、廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、ゴムくず、動植物性残さ、金属くず、ガラスくず等、ばいじん、動物のふん尿 27

32,050

 
ダンプセミトレーラ
(トレーラー荷台部)
28 17,600  21
清掃車
(強力吸引作業車)
廃アルカリ、廃酸、動植物性残渣、動物のふん尿鉱さい、ばいじん(泥水)、特定有害産業廃棄物(燃え殻、汚泥、廃油(油水)、廃アルカリ)、ダイオキシン類(燃え殻、汚泥、廃アルカリ、ばいじん)燃え殻(泥水)
29 8,720  9.5
30 10,020  10.3
31 9,570  10.3
32 9,620  10.3
33 2,500  3
34 2,500  3
35 3,580  3.6
36 5,800  5.8
37 11,050  12.6

※1 最大積載量(m3)は脱着式コンテナの容量


【その他車輌(非産業廃棄物収集運搬)一覧】
車体の種類 主な作業
高圧洗浄車 配管の洗管、側溝清掃、焼却炉除染など
タンク車 再生燃料の納品

  産業廃棄物処分業

【産業廃棄物】
                 
処分の方法 廃棄物の種類
焼却 汚泥、廃油、廃プラスチック類(自動車等破砕物を除く。)紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残さ、ゴムくず
熱処理 金属くず、ガラスくず等(以上2品目については自動車等破砕物を除く。)
脱水 汚泥
中和 廃酸、廃アルカリ
油水分離 本社工場 廃油、汚泥
油水分離 第2工場
圧縮 廃プラスチック類(自動車等破砕物を除く。)
破砕 廃プラスチック類(自動車等破砕物を除く。)
造粒固化 燃え殻、汚泥(無機性汚泥に限る。)、ばいじん
切断 廃プラスチック類(自動車等破砕物を除く。)、ゴムくず
調質 廃油、汚泥、廃アルカリ
混練 廃酸、動植物性残さ、動物のふん尿(以上3品目は発酵処理したものに限る)、廃油、汚泥、木くず
エステル燃料化 廃油(廃食用油に限る)
切断分離 廃油、廃プラスチック類、金属くず(以上3品目については廃オイルエレメントに限る)
発酵 汚泥、廃油(廃食用油に限る)、廃酸、動植物性残さ、動物のふん尿

【特別管理産業廃棄物】
処分の方法 廃棄物の種類
焼却 廃油(揮発油類、灯油類及び軽油類に限り、特定有害産業廃棄物であるものを除く。)、感染性産業廃棄物
中和 廃酸(水素イオン濃度指数2.0以下のものに限り、特定有害産業廃棄物であるものを除く。)、廃アルカリ(水素イオン濃度指数12.5以上のものに限り、特定有害産業廃棄物であるものを除く。)
調質 廃油(揮発油類、灯油類及び軽油類に限り、特定有害産業廃棄物であるものを除く。)