0942-38-5283

【受付時間】平日 8:30 ~ 17:00

品質管理

分析室紹介

各種廃棄物を安全で適正に処理するため、新規案件のサンプル分析、 廃棄物受け入れ時及び排出時の確認分析などを行っております。再生重油、エマルジョン燃料などの製品化されたものについて、様々な分析装置を使って、要求された品質を満足できているかを確認しています。

分析装置紹介

主な分析装置として、蛍光X線分析装置、ガスクロマトグラフ、熱量計、水分計、
自動引火点測定装置、自動滴定装置等があります。
※カーソルを合わせる、タップで装置の名前、使用用途が確認できます。

蛍光x線分析装置

液体、固体、粉末いかなる試料形状に

関わらず、様々な試料の元素分析を

行うことができます

自動引火点測定装置

特別管理産業廃棄物の
引火性試験まで使われて
いる
タグ密閉法を自動化したものです。

PCB分析装置

環境省より公表された
「絶縁油中微量
PCBに関する簡易測定法マニュアル(第3版)」
において、
簡易定量法・迅速判定法の両方法に
対応しております

ガスクロマトグラフ

気化しやすい化合物(廃油など)の
同定・定量
に使用します

熱量計

汚泥や廃油の燃焼によって起こる

発熱量を測定します

加熱乾燥式水分計

汚泥や、脱水ケーキなどの水分を、
熱により
乾燥させることによって測定します